就活失敗系大学4年生の日記

残念な就活生が大学最後の1年をのんびり生きる

楽単とは何か


大学生の皆さん、授業は好きですか?
勉強は好きですか?

私は大好きです!
(嘘です、物によります)

ただ、大学はやっぱり勉強する場所だと思ってます。
4年間のフリーな時間だと思ってアルバイトやサークルに精を出してる人もいます。
そういった時間も楽しいです。

でも勉強したいことが勉強できるって贅沢だなと思います。
仕事を始めたらそれに関することを勉強しなきゃいけないですよね。
金融とか、マーケティングとか。
新聞読んだり。
好きなコラムだけ読むとかはできない。

そう思うと勉強って大事な時間だなーと思います。

ただ、単位が取れるかどうかはその人次第だと思うのでどうすれば単位が取れるようになるか考えてみます。

私は自分にとっての楽単とは何か?について考えることが大事だと思ってます。

大学に入ると先輩が楽単の授業を教えるよ!と寄ってきます。
では楽単とは何でしょうか?

楽に単位が取れる授業

でしょう。

では、あなたにとっての楽単とは。

①授業に出席する必要がない
授業に出なくてもテストさえ点が取れればOKなやつ
SやA評価は難しめ

②出席すると平常点がもらえる
テストができなくても先生が授業に出てたからと温情を期待できる
AやB評価が多め

③先生に顔を覚えてもらう
質問したりして先生に顔を覚えてもらうことで頑張ってたと評価をもらう
SやAを狙える

だいたいはこの3パターンかな?と思います。

私はテスト勉強が嫌いなので①はまず、単位を落とします。
実際、授業出ていたけど内容がわからなくて死亡しました。

②はまず、単位をくれます。
優しい先生ですねー。

③は真面目ちゃん×媚び売れる系にオススメ。
先生が質問したら答える。
授業後、質問する。
→名前を覚えてもらう。
確実に単位がくる。

最低限の単位で卒業するのもいいですけど、他学部の授業に潜ったり、ある授業の一コマだけ出たりしたらいいですよね。

Steve Jobsは退学を決めた後、カリグラフィーの授業を取ったことでマッキントッシュに繋げました。

connecting the dots

どんなことも自分の興味あることは何かにつながると思います。

”Have Fun”